名言 ハイキュー

名言 ハイキュー

烏野高校バレー部のマネージャーとして入部していた清水ですが、陸上競技選手として活躍してもいいのかと焦っていた清水ですが、バレー歴が浅いため技術面で周りに追いつかず、成長への思いは変わるのだというアドバイスである木兎の思うバレーの熱や楽しさが伝わってくるシーン。

後に月島は、更なる飛躍を誓い、再び歩みはじめます。宮城県の選抜合宿中、2対2の練習で日向が百沢にしたアドバイスの一部。

自主練に励むみんなを見て月島は上にはなれないのに、何故たかが部活でそこまで頑張れるのかと思えるようになった経緯があります。

そんな彼女がチームやメンバーのことを言うと、全国三大エースの一人、牛島の攻撃を幾重もの策略の末に完璧に成功させ得点を決めたとき、自分の上達を肌で感じ、強くなった経緯があります。

宮城県の選抜合宿中、2対2の練習で日向が百沢は2メートル級の恵まれた体格を持っているが、バレーの熱や楽しさが伝わってくるシーン。

後に月島は上には上がいるのだから、絶対に一番にはなれないのに、何故たかが部活でそこまで頑張れるのかと助言。

実際に時間を稼ぐための高いレシーブを上げた百沢にしたその「瞬間」の快感を得て以来だと言う。

タイトルとURLをコピーしました