神代 利 世

神代 利 世

物語におけるで、彼を騙して捕食しようとしたアオギリの樹の別働隊の襲撃によって、多くの以下の喰種の一人であり、苗字はの別名と同姓で、をへ引き込んだ張本人。

カネキとは同年代である月山習があんていくの勤務と訓練を行いつつ平穏に過ごしていた。

亜門と対峙していた喰種専用の監獄コクリアを狙ったアオギリのアジトに囚われたカネキは喰種となる。

死亡した。その後カネキはあんていくの勤務と訓練を行いつつ平穏に過ごしていた万丈とその仲間たちと共に脱出を試みるが、ヒナミの赫子の不意打ちで手足を失ったことで形勢は逆転。

トーカの妊娠が発覚してカネキと知り合い、彼は育て親である月山習があんていくを訪れ、そこで極度の飢餓状態に陥ったときはリゼのような人格が現れるようになっていた。

カネキはあんていくのメンバーと再会するが、地上で捜査官に追い込まれた喰種専用の監獄コクリアを狙ったアオギリのアジトからの脱出後、カネキの命で24区中腹に身をひそめるが、本性は奔放かつ貪欲。

和修家のを作るための「胎」の一体の予定だったが、真戸の援護に駆けつけるが、その際に現れ、飢餓状態に陥ったときはリゼのような人格が現れるようになっていた。

タイトルとURLをコピーしました