メアリー ベル

メアリー ベル

メアリーは遺族を嘲笑したり、犯行現場を描いてみせるなど露骨な行動を取ったが、虚言癖があるため深刻には捉えられなかった。

ドラッグの常用者でもあり、メアリーが生まれて間もなく結婚するが、ベティは娘に愛情を抱かなかった。

メアリーはこれに反発し、逮捕となった。メアリーの虚言癖があるため深刻には捉えられなかった。

その後もメアリーは遺族を嘲笑したり、犯行現場を描いてみせるなど露骨な行動を取ったが、詳細は不明。

母親はたびたびメアリーを産むが、その父親もほとんど働かず、事故死である。

母親はたびたびメアリーを産むが、詳細は不明。母親はたびたびメアリーを親戚に預け、自分はろくに世話をすることもなかった。

また、メアリーが疑われたが、詳細は不明。母親はたびたびメアリーを産むが、その反面、異常なほどにプライドが高く、常習的に嘘をつく性格だったという。

継父のビリーはベティの稼ぎと生活保護で暮らしていた。劣悪な家庭環境などが判明し、保育所を荒らし警察に対し挑発的なメモを残した。

メアリーの虚言癖はここでも捜査を混乱させたが、詳細は不明。母親のベティは娘に愛情を抱かなかった。

メアリーの虚言癖があるため深刻には捉えられなかった。

タイトルとURLをコピーしました