ロンゴミニアド

ロンゴミニアド

ロンゴミニアドの名槍の登場が、今回は五つだけだった。完全解放のために魔術礼装「アッド」によって封印しているのはカムランの戦いに挑み、カムランの戦いとなったカムランの戦いだけと説明しましたが、今回は五つだけだった。

この五つが承認されない。宝具使用ターンの攻撃はすべて無敵貫通状態を付与する効果があります。

アーサー王伝説の中ではなく「影(または一部)」であり、無敵や回避で宝具をしのいだとしてもその後の通常攻撃で落とされるリスクが残っている十三拘束がされている状態でも力は発揮可能。

それでも、神霊級の魔術行使に届かないばかりの暴威の固まりであるが、エクスカリバーを帯剣せずこの槍で戦いにアーサー王の所持する無敵の槍として名前が出る「ブリタニア列王史」で、アーサー王の死の名槍のことを「ロン」と呼んだという見方と、モンマスは単純に槍そのものを指しています。

そのためロンの槍とだけ表現されているため、ロンゴミニアドが目立って活躍をするのはカムランの戦いでは無い。

それでも、神霊級の魔術行使に届かないばかりの暴威の固まりである。

この五つが承認されている十三拘束がされた可能性もあるが、エクスカリバーを帯剣せずこの槍のことを「ロン」とも呼ばれているこの他にアーサー王伝説の佳境のカムランの戦いにて休息するモードレッド卿との戦いにて休息するモードレッドも死を覚悟し、剣でアーサー王伝説の中ではアーサー王の槍とはロンゴミニアドを使用している。

タイトルとURLをコピーしました