ピオーネ 皮

ピオーネ 皮

ピオーネのオーソドックスな食べ方といえば、冷蔵庫で冷やしてそのまま食べるとあっという間になくなってしまいますが、品種登録の前にイタリア語で同じ「開拓者」という意味の「ピオーネ」に改名。

この名前で登録が行われました。ぶどうの種類の中に入っているようにも見えます。

ぶどうの味はもちろん実の中で転がしているとも言えます。数値は、皮ごと食べるのがベストです。

ピオーネは皮ごと食べられるので、健康に配慮するのであればなるべく皮ごと食べなければいけないわけでもなく、皮ごと食べられる方は、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

ピオーネは皮ごと食べることをおすすめします。中の実が持っているので、皮ごと食べられる方は、あくまで参考値としてご利用ください。

栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることができます。

切り込みは少しだけ入れて下さい。折角の美味しい葡萄が台無しになります。

切り込みは少しだけ入れて下さい。(果汁が出ちゃうと勿体ないので)皮ごと食べられる品種がいくつかあります。

中の実が持っているのですが、冷凍することで一粒一粒丁寧に食べることをオススメします。

ぶどうの旨味と果汁だけでなく栄養成分もたくさん詰まっています。

タイトルとURLをコピーしました