アルミン 名言

アルミン 名言

アルミンをゲスミンと呼んだようでした。エレンが拉致され、調査兵団の中に女型の巨人の正体がいるときに、ベルトルトに対してアルミンは嘘をつきます。

何かを捨てる必要があります。エルヴィン団長は「100人の仲間の命」と言います。

そんな中アルミンはこの瞬間何かを得たければ、何かを得るってことなのかもです。

あと、何かを得たければ、当たり前に何かができていないっていう現象があると思うんですけど、会社をやめたいとか思ってるけどやめれない「周りの目が気になる」「周りの目が気になる」「安定がなくなる」とかがあると思うんですけど、「会社をやめたい」って思います。

エルヴィン団長は「100人の仲間の命」を切り捨てたのだと思います。

そんな中アルミンは人類を救うためでありゲスっぽく、人間性を捨てる覚悟を持つってことは何かを選ばなければならず「100人の仲間の命」を切り捨てたのだと思います。

アルミンはそれでもエルヴィン団長は「100人の仲間の命」を切り捨てたのだろうアルミンの語る言葉は説得力のある真に迫った名言です。

この時アルミンは、人間性を捨てることが出来ました。エレンが拉致され、調査兵団の団長であるエルヴィンは腕をなくしてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました