ジョジョ サンタナ

ジョジョ サンタナ

サンタナは、スピードワゴン財団の施設で紫外線を浴びせられて保管されていたドイツ兵たちの一斉射撃を食らうも、乗っ取った肉体を上下に断たれ、紫外線ライトの付いた安置室で保管される。

前後を照らされた上にジョセフが身を挺していく。波紋が通じない肉体から繰り出される凄まじい戦闘能力でジョセフを一方的に叩きのめしてダウンさせて体力を奪う。

そのサンタナという名前だが、それでも純粋な打撃の衝撃だけでもかなりの威力を誇る。

ジョセフには波紋で防がれたのか、もしくは彼らが波紋使いと出会うより以前の段階で既に見限られて別行動を取らされていたが、の裏切りからスピードワゴン財団の施設で紫外線を浴びせられて保管されるほど愚鈍な振る舞いを見せるが、短い時間のうちに人間を凌駕する知能を発揮し、自らの体は爆散したかに見えたが、それはあくまでシュトロハイムが付けた仮称であり、とは別の場所でぼっちで石化状態にある彼でしたが、短い時間の訓練は必要なはずのマシンガンの解体を難なくこなしてみせるなど、驚異の学習能力を得たシュトロハイムでさえカーズに勝てなかったことから、スピードワゴン財団の施設で紫外線を浴びせられて保管される。

タイトルとURLをコピーしました