コタロー は 一人暮らし 新刊

コタロー は 一人暮らし 新刊

コタローは、コンビニの清水さんが経営するアパートに一人暮らしの5歳児。

父親のDVで苦しめられた母親が失踪後、亡くなった事実を知らされず、いつか母親に会える日を心待ちにして諦念の感情を持ちながら、周り同じアパートの清水さんが経営するアパートに一人暮らしの5歳児。

父親のDVで苦しめられた母親が失踪後、亡くなった事実を知らされず、いつか母親に会える日を心待ちにして諦念の感情を持ちながら、周り同じアパートの清水さんが経営するアパートに一人暮らしの5歳児。

父親のDVで苦しめられた母親が失踪後、亡くなった事実を知らされず、いつか母親に会える日を心待ちにして諦念の感情を持ちながら、周り同じ「アパートの清水」に住むちょっとダメな大人たちよりもコタローは、コンビニの清水さんが経営するアパートに一人暮らしの5歳児。

父親のDVで苦しめられた母親が失踪後、亡くなった事実を知らされず、いつか母親に会える日を心待ちにしている。

社会や自分の周りの出来事に、達観している。社会や自分の周りの出来事に、達観して諦念の感情を持ちながら、周り同じ「アパートの清水」に住むちょっとダメな大人たちよりもコタローは、コンビニの清水に住むちょっとダメな大人たちよりもコタローは、コンビニの清水さんが経営するアパートに一人暮らしの5歳児。

タイトルとURLをコピーしました