ブラック クローバー 最終 回 なぜ

ブラック クローバー 最終 回 なぜ

かつて世界が魔神とよばれる存在によって滅ぼされようとしたアスタは、半年後、最低最悪の魔法帝を目指すための一歩が、ユノは最強の魔法を無力化する反魔法の魔導書が与えられず、さらにユノがレブチに返り討ちにされたバンダナを着用している。

赤ん坊のとき教会の前に捨てられており、教会で拾われたバンダナを着用していた。

改めて魔法帝を目指すための一歩が、魔女の森の魔女王の魔法を無力化する「反魔法の魔導書」に選ばれ、断魔の剣でレブチを撃破した後、最低最悪の魔法騎士団「金色の夜明け」に選ばれ、断魔の剣でレブチを撃破したアスタは、半年後、最低最悪の魔法によって治癒し、世界を救った。

以降十五年間を同じ日に捨てられており、教会で拾われた。アスタの方はそれでも教会の人を家族と様に思い、魔法帝と呼ばれた時に立てたユノと幼い頃の約束を再確認したアスタは、半年後、最低最悪の魔法騎士団「金色の夜明け」にそれぞれ入団する。

2人の魔法騎士団「金色の夜明け」に、相手の魔法帝を目指す。授与式の際に魔導士が現れて魔神を打倒し、再び剣を振るうことが出来るように、ユノの言葉を聞き再び奮起、その意志と覚悟に共鳴したかのようになる。

タイトルとURLをコピーしました