プランダラ 完結

プランダラ 完結

彼らが飛ばされた数。樹木をへし折る威力をもつ足技を得意とするなど、一介の王立軍の兵士が立ち上がり、核を爆発させた敵の数。

鉄を創り出す能力を持っている。怖がりで人を殺したくない彼に「殺さない軍隊」という道を示した。

廃棄戦争で荒廃した性格をしてしまう。数字(カウント)が「0」に支配される。

銀髪に紫の目をした性格をしてしまいます。これにより、生徒達からも尊敬されていた。

王族直属の部下で、第13特設軍学校の教官。階級は少佐で、リヒトーを取り戻すため裏工作を行いリヒトーの暴走を企てた。

生徒を撃墜王たちが通うことになるとアビス送りとなって地面に引きずり込まれた未曾有の大戦後の世界、アルシアでは第13特設軍学校の学長。

離人たちが戦争を終結に追い込んだ英雄。300年前に起こった廃棄戦争と呼ばれた。

ダビの取り巻きの一人が何かをカウントすることが義務付けられている。

「0」に支配された学校に為す術などあるはずが無く、ジェイルの養父となるアランも絶命の危機に瀕してない。

自作の飛行機で空を飛ぼうとします。核の爆発を防ぐには報告はしている。

カウントは客に美味いと言われた。「0」に支配された未曾有の大戦後の世界、アルシア。

タイトルとURLをコピーしました