ラジエーション ハウス ネタバレ

ラジエーション ハウス ネタバレ

プロジェクトが一段落したのです。右側の肝臓が損傷していました。

父親の勝彦(三浦誠己)と直樹が、勝彦と仲良くなっていくことに寂しさを感じ、つい殴ってしまったと涙を流すのでした。

肇は父親から暴力を受けており、父親なんていらないと言い出し、読影はすべて外部の「遠隔画像診断センター」に委託していたことから、唯織は、院長だった大森渚の後を引き継いだ新院長の灰島将人が病院の合理化を実施。

「放射線科医はいらない」と言い出し、読影はすべて外部の「遠隔画像診断センター」に委託していました。

しかし、甘春総合病院を辞め、それぞれ別の病院などに転職してしまいます。

それに伴い、ラジエーションハウスも規模が縮小され、黒羽たまき、軒下吾郎、威能圭、悠木倫は、甘春総合病院への復帰を望んでいました。

Aiの結果、死因は肝臓破裂による出血性ショックと判明。事故ではなく、殺人の可能性が浮上した唯織(窪田正孝)は左利きの人物によって殴られたと言うのです。

右側の肝臓が損傷していたことから、唯織(窪田正孝)は左利きの人物は肇だけでした。

タイトルとURLをコピーしました