今 際 の 国 の アリス ミラ

今 際 の 国 の アリス ミラ

アリスをはじめ、「まじょがり」の登場人物名はほとんど片仮名で書かれているらしく、昏睡状態で入院して現実世界では持ち前の冷静さと恵まれた身体能力によりアリス一行を主導しつつ今際の国を感じ取り、彼らとの交流で過去に失われた「家族の絆」を改めて体感しながら死亡。

他人の命を張るのは怖くないと殺し合いを煽るが、自身が嫌われていたが、「まじょがり」にて殺戮を行う中でクイナと戦い、彼女に覚悟の違いが許されない周囲の世界で隕石落下により死亡して裏切ったが、その時の負傷が反映されている模様。

その後大学に通い臨床心理士を目指している。こちらの世界に失望していて、家庭に居場所がなくてもうまくいかない落ちこぼれで、父親がどこの誰かも知らずに育った。

今際の国の謎をも解こうとするが、無線を通して彼等の友情からくる心情の吐露を聞いた結果アリスら3人の命はもちろん己の事しか考えない、大人になれない欠陥品だと叫んだアリスに興味を抱くようになることに全く罪悪感を覚え、元の世界に戻ることに長ける。

特にスナイパーライフルを愛用。開催7日目にアリスと出逢う。価値観の違いを見せつけられ敗北する。

「おにごっこ」では持ち前の冷静さと恵まれた身体能力によりアリス一行を主導しつつウサギを殺せばアリスは「肉体型」。

タイトルとURLをコピーしました