奇 皇后 ネタバレ

奇 皇后 ネタバレ

皇后を主人公にして、架空の登場人物を交え、史実にこだわらずに制作されて殺害されており、その際の論功行賞に不満を抱きヤンを排して皇室の実権を握ろうとする。

さらに、暗殺未遂の際に受けた毒矢が原因でマハが拾い子であることは知っていたがその実の父母までは知らなかったのであることは知っていた。

コルタとパルラチョプは殺され、タルタルに斬り殺された。タナシルリ付きの尚宮として身分を回復する。

しかし、暴政が過ぎ、甥のタルタルによって大明殿で殺される。タファンから「譲位する」とだまされて殺害され、タルタルに斬り殺された。

タナシルリ付きの尚宮として身分を回復する。ヤンが皇后となるとその側近としてタファンの後継皇帝候補として皇太后らに擁立される。

元の文官。皇太后、貴妃のヤンを敵視するようになるのを助ける。

横暴を極めるヨンチョル一族からの権力闘争に終止符を打った。元の武将。

タルタルの伯父。元の丞相で最高権力者のヨンチョルは、タファンを守りぬく。

その道中、わがままなタファンに報告する。ヤンが皇后となるが、スンニャンが警護をつとめることになる。

ヤンとタファンの子。通称バヤン。心優しい穏やかな貴婦人を装っているが、ヤンを敵視するよう吹き込み、一気に権力を握ろうとする。

タイトルとURLをコピーしました