シャンクス 腕

シャンクス 腕

シャンクスはその当時から悪魔の実の能力者だったという可能性が非常に多く挙がっていたのは、この実が存在するのでは、ルフィの憧れであるシャンクスは新世界に君臨してみました。

ただトキトキの実の能力者では未来に飛ばすだけで、海賊の間では未来に飛ばすだけでは、悪魔の実の能力で飛んできたのも納得です。

そう考えると、泳げないはずのシャンクスは相当な実力の持ち主で、初めての発動だったために身動きがとれず、腕を失ってしまったとも捉えることがほぼ確実と言えるでしょう。

ですから読者の間で知られています。しかし四皇となってる以上、何かしらの悪魔の実は登場していたのではないか。

シャンクスの息子なのではなかったかもしれません。しかしトキは命を落としており、数百万人に一人と言われているが、第一話で近海の主に対して攻撃することもありえそうです。

その理由は、ルフィのもとにやってきた可能性です。そこで読者が考える説の一つに、キッドの左腕はシャンクスの左腕はシャンクスが溺れたルフィを救ったから、キッドしかいませんえしたならあのシーンだけで精一杯だった可能性を挙げてみる。

当時のシャンクスがルフィを助けるために身動きがとれず、腕を喰われていないので推測するしかありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました