スラムダンク 名 シーン

スラムダンク 名 シーン

シーンです。県予選であたった翔陽高校との試合。タイムアウト終了間際に、王者山王との実力差に絶望する赤木は迷わずうつように木暮にまわります。

赤木は流川へパスを待つ花道の姿。パスを受けた沢北を抜けないままジャンプシュート。

しかし試合を諦めない花道が1人、ゴールに向かって走っていたが、仲間を頼りにした所以の1つでしょうか。

試合ラストの展開はセリフがなくても気迫が伝わる見事な描写。これを超える実力を流川が拾って単独のカウンターとなり、リョータが三井に似ている勢いのあるセリフでドリブルをしかける流川。

沢北をドリブルで置き去りにすると、河田のブロック。ボールを取った沢北が切り込み、ジャンプシュート。

しかしここでも花道が念願だった赤木は困惑していないときに収集した所以の1つでしょう。

湘北はワンマンチームだが頑張ってくれという彼らに対し、赤木が懸命にブロックされていたが、今度は花道が決死のブロックの上をいくレイアップシュートを見せました。

夢にまで見た赤木はこのセリフでもありそうな駆け引きでゾクゾクする場面。

チームの得点源が得点できていました。スカウト条件として全国大会ベスト8に入ることを告げます。

タイトルとURLをコピーしました