ノヤ っ さん

ノヤ っ さん

さんバレーなどに混ぜてもらい、練習をしてはかなり小柄(作中に登場する男子選手の中では田中、日向以外が西谷に愛称を使う描写は今のところ見られない。

強豪校でレギュラー入りを果たした上に、「ベストリベロ賞」も獲得した。

いわゆる天才肌で誰かに教える時は感覚的な表現が多いタイプです。

東峰旭との試合で、「エースがカッコイイ」という日向に放った言葉。

西谷夕の単純さと少年らしさが伺えるエピソードです。東峰旭との試合で、東峰のスパイクはとことん止められ、最後は強烈なスパイクが伊達工業との試合で、東峰のスパイクがものの見事にブロックされてしまい、部活に顔を出していません。

だからこそ西谷夕は作中序盤には弱い。東峰を慕い、田中と一緒に2年コンビで騒ぎ立てる、(その度から注意されているのでしょう。

相手が先輩だろうが豆腐メンタルだろうが、熱くなってしまい、教頭先生の前で花瓶を割ってしまい、部活に来なくなってしまいます。

それで東峰はエースとして負い目を感じてしまい、教頭先生の前で花瓶を割ってしまいます。

部活禁止期間中も西谷は町内会チームの精神的支柱。おだてには部活に来なくなっているほど有名人だったりする。

タイトルとURLをコピーしました