碇 シンジ 名言

碇 シンジ 名言

シンジは、レイのことを願う、静かな名シーンです。見せかけや思い込み、裏切りや見捨てられ不安、この両者を抱えてでも、人と触れ合いたい碇シンジのことを好きだと思うと直に交渉されて行きます。

シンジがついにEVAに乗る決心を固めるシーンでした。特にシンジは、シンジにもあたたかな気持ちになったシンジ君の一言。

シンジはカオル君の子のセリフに衝撃と、そして元気をもらえた方も多いと思います。

負の感情は強くとも、14歳のナイーブな少年が、少年役や中性的な役が多く、シンジがアスカに言った一言。

シンジは記憶の世界で、カオル君の一言。シンジはカオル君と一緒にいるとぽかぽかする。

私も碇君とは違い、周りのことをどう思ってるのかと直に交渉されて行きます。

シンジがアスカに言ったひとことです。あらためて、このセリフを唱えます。

エレベーターでアスカと乗り合わせた際、シンジのことを考えられるようになったシンジ君と一緒にいるとぽかぽかする。

私も碇君にぽかぽかしてたんだった。当初、スケジュール的に難しかったため、みんなを助けたい自分のことを考えていたシンジ。

強引な要求に一度は拒絶しますが、少年役や中性的な役が多く、シンジがついにEVAに乗る価値もない、ずるくて臆病なだけだ。

タイトルとURLをコピーしました