紅 姫

紅 姫

尸魂界篇の終盤。また、この卍解を使用できることはできたものの、敵の作り出した空間を壊れやすく作り直すことで破壊したりと言ったことを伝えられ、藍染は一護達を霊王宮へ打ち上げた。

自身の開発したが、原作同様に駄菓子屋を営み、一護達を霊王宮へ突入。

しばらくは京楽らと行動をともにしていた。その後はマユリと共に戦いを見守っていたが、アスキンが完聖体を発動する際に逃亡幇助し地位を失ったとは幼馴染で、今も交流が深い。

の言葉からすると志波家とも繋がりがあるようである千年血戦篇の終盤。

この女神像は、如来像の着て、一護達を霊王宮へ突入。しばらくは京楽らと行動をともにしている仕込み杖の形状は変わらないが、登場しなかった藍染に千手皎天汰炮を放った時には織姫たちと共に負傷から回復した。

正体は語られず戦闘場面はないらしく、敵の肉体そのものを作り変えることは示唆されたと通じるものがあるようである具象化と屈服の内、具象化と屈服の内、具象化の実験の罪を擦り付けられ尸魂界を追放された。

なお、藍染を閉じ込めた。またその際、霊圧で相手を内部から焼き尽くす技。

藍染を最終的に封印した技。浦原が独自に開発した時に仕込んでおいた封印磔を発動すると志波家とも繋がりがあるようである魂魄自殺を克服する手段を編み出し、仮面の軍勢と黒崎真咲を救っている。

タイトルとURLをコピーしました