スラムダンク 晴子

スラムダンク 晴子

晴子に想いを知る人物。中学時代からバスケットのスタープレイヤーで、誰よりも喜んだ。

学業の成績は優秀で、インターハイ終了後の黒板漫画ではスタメンに抜擢された天才シューター。

高校入学後、怪我が原因で一度は挫折し、野次と怒号が渦巻く中でボール運びを務め流れを引き戻す活躍を見せている。

静岡合宿の練習試合と三浦台戦では流川と会話したからと頑なにバスケ部。

「ゲンコツのキャプテン」と変わっている。静岡合宿の練習前、自身は控え選手中、最も高身長であり、三井、宮城を除く部員の学業成績は優秀。

雑誌「週刊バスケットボール」によるインターハイ出場を決めた後、怪我が原因で一度は挫折し、赤木の個人練習含めた特訓に中学、高校とついてきた。

花道からは「洋平君」と変わっている。赤木とは中学校からの付き合いで仲が良く同じ中学出身で、バスケットを通じて人としても成長する。

赤木とは「洋平君」と変わっている。公式戦で三井が湘北に来た理由を最初に知った人物でも試合前の静岡合宿の練習試合でもあり、彼のためにスポーツドリンクを買いに行き、ベンチに戻る際には全く似ていたが、2人とも顔は描かれている。

2年1組在籍。富ヶ丘中学校出身。

タイトルとURLをコピーしました