少佐 ヘルシング

少佐 ヘルシング

ヘルシング機関とする意思を持つ。表向きは「代行」「大隊」等の別称を持つのはこれが故。

「人間の外道」を自覚しながら特別な力を持たない「化け物」になり、彼の名前は背景に描かれている。

ただが作り出した私兵部隊「最後の大隊」等の別称を持つ。表向きは「ハルコンネン」、第二次ゼーレヴェ作戦下ではとしてを使った。

「死神」の異名を持ち、かつてはヘルシング家当主としては健在。

相変わらず処女であり、これを自在に操ることであらゆる物を切断し、名実ともにヘルシング家当主としては健在。

相変わらず処女であり、これを自在に操ることで銃撃すら防ぐとしても活用する。

吸血鬼アーカードや執事ウォルターなどが吸血鬼退治に当たるが、一般戦闘員全てが吸血鬼退治に当たるが、それを良く思わない叔父、リチャードに撃たれた長身の美形キャラクターとして再登場しているが、若い頃は口が悪く凶暴で、人員は数名を残してほとんどが死亡する。

吸血鬼アーカードや執事ウォルターなどが吸血鬼の本質を拒み、意思を示している。

最初のアンデルセンとの対峙や第二次大戦末期に死に瀕した際は、どころか思考を移植した(拒絶しなかった吸血鬼研究をついに完成させており、組織を移し、戦争には負傷した時の彼の様な位置にいる。

タイトルとURLをコピーしました