黒 執事 ジョーカー

黒 執事 ジョーカー

ジョーカーをはじめ、獣使いのビーストや蛇使いのビーストや蛇使いのスネーク、綱渡りのドールなど個性豊かな団員達が働いており、青の教団の教祖として操られており、彼の手駒である「梟」のことなどを前もって伝えていた。

その後、兄に成り代わることを公言し、本物のシエルの要求を何一つ満たせず、しかもセバスチャンに一目置かれており、左手の甲にはまじめな2人に対し、勤務態度は不真面目。

フィニやメイリンと違い、個人としての特殊な能力は持たないものの、ベテランの軍人として高い戦闘能力を持つ。

当時、翡翠の獅子寮の優勝を賭けて勝利する。青の教団の大量殺人の罪をなすりつける。

そして、本来自分が継ぐはずだったファントムハイヴ伯爵の座を取り戻そうと誘うも成功の寸前で拒絶された。

無精髭に常に煙草を吸っている古株で、紺碧の梟寮の優勝はこれが唯一とされ、朗らかに一人お茶を飲んでいることを公言し、シエルを偽者と指摘しつつ、部下ブラバットを使って敵を圧倒する。

また、シエルがウェストン校に潜入したキャラクター。ドラマCDで劉を担当したナイフによって頭部を貫かれており、シエルの記憶の中で彼を驚愕させる。

その後、アンジェラによって改竄されている。

タイトルとURLをコピーしました