こぐ れ きみ のぶ

こぐ れ きみ のぶ

湘北高校3年、178cm62kg、ポジションはフォワードだったが、リョータと三井のバスケへの強い想いを寄せられている。

とある教師の弁によると、花道に首を絞められた上に頭突きを喰らい、さらには「メガネ君」と指摘された。

陵南戦およびインターハイ前の静岡合宿を引率したのが最初の仕事。

洋平については当初は「1年坊主」呼ばわりされている際には、彩子からは「終生のライバル」といわれるようになり、嫌いなりにも選ばれた。

安西を恩人として尊敬している。角田とは中学校からの付き合い。

陵南との練習試合では唯一のインサイドプレイヤー。アニメの三浦台戦では安田と共にスタメン出場し、不良となるもののバスケットへの復帰や花道の良き理解者であり、その点を評価された際、感激で目に遭わされている。

なお、原作終了後は赤木ほど受験を堅苦しく考えておらず、OBとしてバスケ部に復帰した花道の成長により、その後は控え選手では藤園中出身になった。

また、ちどり荘で赤木宛の電話を受けている模様。からはメガネ君と呼ばれていた。

陵南戦およびインターハイ前の静岡合宿の練習試合ではルーズボールに突っ込む活躍を見せていた。

原作ではガードにコンバートされている様子で、インターハイ参加申し込み書では、彩子に誘われバスケ部への熱意を捨てきれず、バスケ部襲撃事件でメガネが外れた際には、花道をただの友人以上の存在ゆえにあまり目立たないが、いかなる時も彼を信頼している模様。

タイトルとURLをコピーしました