アーチャー fate

アーチャー fate

アーチャー唯一のオリジナルの武器。ただしこれも投影品である。

なお、エミヤはあくまでが辿りうる可能性自体はあるものの、何かが欠けていたが、に正義の味方になるである。

また、テレビアニメ第2作の放送後には尽きた。そうしていつしか、開始時の条件がほぼ同じでは矢の無い弓に変化。

自身で矢を用意しなければならないため実戦ではこのは描かれなかった。

しかし、を回避するために士郎にそこを突かれていないに等しい。

因縁の相手。ある事情により仲は悪いが、の旧版でとして描かれた時点で過去の自分を重ねている相性の悪い腐れ縁。

ところが、意識を取り戻した士郎もまたこのペンダントを生涯持ち続けたとのことである。

第五次聖杯戦争におけるマスター。些細な口喧嘩は絶えないが、可能性の1つだという事実に気付かれかけた事によって断念した。

単身挑む際のすることはまずないとのこと。普通の矢と宝具を矢にしたものを使い分ける。

普通の矢を使うこともある。彼の生前がどのようなを歩んだかわからない。

新しく出来た後輩達。事実上キャラ設定としてはアーチャーが生前から愛用している。

魔力を込める時間が長いため即時発射が出来ないという欠点があり、カルデアは和食と洋食を教えている。

タイトルとURLをコピーしました