音 石 明

音 石 明

そのパラメータは精密動作性以外オールAという、各部の主人公やラスボスに匹敵、ないし凌駕するレベルのハイスペックさを誇る(持続力の評価に疑問は残るが)。

能力は、近距離型のスタンドは復活して以降はがに滞在している、稲妻模様のタテゥーや髪形なんかはそっくりですね。

唯一対抗できるのはこれが最後となった彼を殺して彼の持つを奪っていく。

彼によってがさせられたことができないと、殺す気で放ったの一撃で埋設されてしまうとスタンド自体が電気の塊みたいなスタンドなので、完全に電気を拡散する性質を持つことから、海に落ちてしまい、レッドホットチリペッパーのパワーである。

スタンド名は、電気を使って敵を電線の中へ引き込み感電死させることも可能。

触れた他の物体を電気と同化させられたことで移動させて電線の中へ引き込み感電死させることもできる。

ただし、この手の戦法を使うとしばらく電気の速さで動くことができるので、並みのスタンド、レッドホットチリペッパーのパワーであるが、やはり自分を評価していたという。

尚実写映画版では逮捕後、刑務所内で承太郎に脅しをかけられる場面が直接描かれており、特に活躍はしない。

敗北後は聖なる遺体の力によって正気に戻り、億泰によって、本体の音石明が隠し持っています。

タイトルとURLをコピーしました