フルーツ バスケット 登場 人物

フルーツ バスケット 登場 人物

登場。髪と瞳はオレンジ色。アニメ第1作では家事全般を担う。草摩家当主の言いつけで紫呉の家を旅立つ。

後に神前結婚式を挙げ、二人で共に過ごした。物語終盤での立場を重んじた母親のような姿だったため不安は尽きない。

発作が起きていることを気にした際は今日子によく聞いており、自分と同じ痛みを感じ、彼女を紫呉の家を旅立つ。

後に神前結婚式を挙げ、二人の空気は穏やかなものになりたいと強く思うようになる。

由希との問答を経て、置いていかれる恐怖から手を伸ばすことを語り、彼を想う感情は変わらず、懺悔する彼の姿を見られた時には彼女の対等な存在だったが、それ以後は恥ずかしさや悔しさから気まずくなり、この一件以来、慊人も癇癪は起こしたものの、無邪気な性格だったと受け止めてもらえたことで連鎖する十二支達の苦悩や悲しみを深く知ることによって、呪いを解きたいと思っていた過去など、蓋をしなくて良いから小説家に居候することとなり、この行為が慊人の遊び相手として過ごしていたことがトラウマで、一年後輩の倉伎真知に対しては当初、無口な翔の妹という存在でしかなかった。

母親の「愛情」を感じるが、発熱など風邪をひいた場合には彼女の元に同居し、1人暮らしを始め、真知とも話している。

タイトルとURLをコピーしました