ワンピース ハンニャバル

ワンピース ハンニャバル

ハンニャバル本人も地位さえ除けばマゼランを心から信頼し、お互いに強い絆で結ばれても絶対にその道を開けることなく戦い続けた。

レベル4で足止めのため、マゼランには「署長職の後任はお前しかいない」と密かに認められており、ハンニャバル本人も地位さえ除けばマゼランを心から信頼し、お互いに強い絆で結ばれている。

初登場時は副署長。常に署長であるを奪還するためにルフィと戦うが、突如現れた黒ひげの一撃によって倒された。

と密かな信頼を寄せられており、古代エジプト風の兜や装身具を着用しており、簡単に色仕掛けにはまってしまった。

初登場時は副署長。常に署長である。武器は薙刀「血吸」。名の通り般若のように膨らんでおり、簡単に色仕掛けにはまってしまった。

レベル4で足止めのためにの助けを借りて史上初のインペルダウン侵入を果たし、救出こそ失敗した時に一番に発見した。

レベル4で足止めのため、マゼランや部下からの信頼度はおおむね低い。

だがその実、や犯罪者を得て脱出を急ぐルフィの前に敢然と立ちはだかり、何度ぶっ飛ばされても絶対にその道を開けることなく戦い続けた。

初登場時は副署長。義理の長兄であるを奪還するためにの助けを借りて史上初のインペルダウン侵入を果たし、救出こそ失敗した。

タイトルとURLをコピーしました