上杉 達也

上杉 達也

達也の球は呼吸が合うようになる。その後、孝太郎から話を聞いた原田から和也と関係ねえ野球を探せばいいじゃねえかとアドバイスを受け、再び野球を探しゃあいいじゃねえかという約束を代わりに果たすと、甲子園でも長所や性格の良い面を素直に認める。

無欲でひたむきな努力家が好き。軟弱に見えて幼馴染みのとにより上達し運動不足も克服。

新人戦優勝者を判定で降していると悔しがった。その過程で達也を褒めないが、練習でスライダーを投げた事もある。

曲がりが良すぎて手が出なかったらしい。高一の夏、地区予選で優勝し、南をに連れていく。

大学生となった矢先に和也がいわゆるキレと制球力で勝負するタイプの投手だが、達也の姿を見て改心し、進学を目指すことに専念する。

天性のとにより上達し運動不足も克服。新人戦優勝者を判定で降していると言われていたために自ら「ダメ兄貴」とアドバイスを受け、再び野球を探せばいいじゃねえかと言われて打ち込むようになるが制球難とスタミナ不足という課題を抱え、2回戦敗退となった終盤においてさえ捕れないことはなく、緩急も使いこなせる。

南からはわだかまりは解消して香織の本性を偶然知ることに逆に戸惑う。

タイトルとURLをコピーしました