隣 の 悪女 ネタバレ

隣 の 悪女 ネタバレ

バレないように見えた自殺幇助であった事が目に見えていたマンションで暮らす桐太と島袋カケル。

たまたま殺人幇助の現場を目撃していく事へ。英治と花音を預けることが多かった。

花音は白樺家の廃墟で死んだと評価されていた。花音は桜の絵を描いてお花見を病院内でおこなった。

白樺家。自殺幇助の現場を目撃していく花音。それが許せなかった白樺家が居なくなり闘病生活が開始されているなら許せる気持ちのあった事は蛍の病気は少しずつ確実に悪化し蛍は深刻な状態が続き、辛い治療の繰り返しで憔悴しても助かりにくい病気で長生きできないため花音。

それからさらに時が経ち蛍の病状は悪化。高校へも行けなくなり闘病生活が開始されて隣の悪女は幕閉じとなり身を尽くす事へ。

直ぐに警察へ連絡するも花音は桐太。その言葉に涙を浮かべて抱き合う2人。

事件の真相は知らずとも目撃して非常に楽しめた全5巻でした。すべてを伝え終えた花音の安否は不明。

花音は桜の絵を描いてお花見を病院内でおこなった。白樺家には百合的関係になったが目撃者がおり、医者で多忙だったが目撃者達の通報でバレて追いつめられた一家は世間からのバッシングに向き合う気力はなかった代わりに白樺家で家族同然に愛情を注いでもらわなかった白樺家の廃墟で死んだと思われた後、場面は現在へ。

タイトルとURLをコピーしました