風俗では狼な僕

普段おとなしい僕が狼になった時の体験談です。

多少無理をしてでも風俗嬢を指名したかった

今回、始めて見たデリヘルのホームページにアイドルのような美しさと可愛さを兼ね備えた風俗嬢の写真がピックアップされていた。たぶん、このピックアップの仕方を見ると彼女がこのデリヘルの看板娘だと思う。見ているだけでも彼女の魅力に引き込まれそうになるし、すぐにでも彼女の体を味わいたくなった。そこで、スケジュールを確認してみたのだがびっしり埋まっているし利用料金がびっくりするくらい高かった。さすがにこれでは手が届かないなと思い諦めようと思ったのだが、彼女以外の女の子の写真を見てもドキッとしなかったし体は完全に彼女を求めていた。だから、色々な困難はあるけれど彼女を指名して約束の日時に彼女がいてくれるのを待った。そして、彼女はおとなしめな私服を着て家まで来てくれた。清楚系のイメージにピッタリ私服だったのでそれだけでもテンションが上がった。シャワーを浴び時には美しいランジェリー姿が見れたし、最高に素敵な風俗嬢だったと思う。

笑顔の女性

投稿日:2017年11月15日

風俗嬢をいじめたら返り討ちにあった

プライベートで散々な目に合ったため風俗嬢に意地悪でもして性欲処理をしようと思った。意地悪と言っても言葉攻めをしたり、エッチな意地悪なわけであって嫌がらせをするわけではない。わざと好みの風俗嬢を困らせて、困っている姿を見て興奮しようというわけだ。デリヘルに電話をして自分の好みを伝えると攻めが得意な風俗嬢と相性がいいと思うと言われた。これから女の子に意地悪をしようと思っているのになぜ攻めが得意な女の子をデリヘルの受付が紹介してきたのか不思議だった。でも、とりあえず受付に言われるがまま彼女を家まで派遣してもらった。そして、シャワーを浴びながら彼女が肉棒を触ってきたので、俺も彼女の敏感な部分を攻めながら言葉攻めしてみた。すると、彼女から猛反撃を食らってしまい逆に俺がいやらしいプレイで攻められた。彼女が凄く楽しそうだったのでよかったけど複雑な気分だ。言葉攻めをされながら何度も寸止めされて、彼女の手の中で最後にフィニィッシュした。